半田舎暮らし

半田舎でリーマン、リーママ、子どもの3人暮らし。育児、仕事、家事に奮闘するファミリーによる雑記

県道3号沿い。新鮮たまご専門店「たまご屋本舗」の卵を食べてみた

f:id:anpanbaikin:20200601070710j:plain
お店の目の前を通過する度に気になっていた、たまご専門店。
 「たまご屋本舗」
ついに、たまごを買ってきました。

 県道3号を走っていると、たまごの看板で目を引きます。

【所在地】茨城県常総市菅生町1059
【公式HP】http://tamagoyahonpo.web.fc2.com/index.html

 

定休日は火曜日。
営業時間は9:00〜18:00

その日一番に採れた卵を販売しています。
採れたて卵。

続々と車が入ってきます。
たくさんの卵を抱えて、お店から出てくる方も。
期待が高まります。

いざ、入店!

f:id:anpanbaikin:20200601071501j:plain

どーん!卵、卵、卵!!!
たくさん並んでいます。

たまごの他、
お店の奥に採れた野菜
レジの横にプリン
などなど、たまご以外の物も販売していました。


プリン、気になりますねえ。

「日常的に美味しい卵を食べたい」
と思い、自宅用たまごを買うことにしました。

「ん?20ケパックより、10ケパックを2個買った方が安くない?」
という疑問は置いておいて。

10ケパックを購入しました。
キャッシュレスとしては、ペイペイが使用可能でした。

f:id:anpanbaikin:20200601071853j:plain

賞味期限が長い。
夏は2週間、それ以外の季節は3週間もあるそうです。


家に帰り、早速たまごかけご飯&半熟たまごで頂きました。

確かに、白身がぷりっとしてます。
公式HPによると、白身で新鮮さを見分けることができるそうです。

半熟卵の方が、美味しさをダイレクトに感じました。
やはり白身なのかな。
プリふわっとした白身に、濃い半熟の黄身。

  これは。 美味しい!


息子が卵の魅力に気がついたら、我が家のデフォルト卵の1つにしようかな。
口にするものだから、新鮮、安心、美味しい、という三拍子は魅力的です。

みらい平から、車はひたすら真っ直ぐ走れば到着。
道も分かりやすく、行きやすい。
自然史博物館に向かう途中でもあります。

またまた美味しい卵を発見しました。


by mira子