半田舎暮らし

半田舎でリーマン、リーママ、子どもの3人暮らし。育児、仕事、家事に奮闘するファミリーによる雑記

「守谷野鳥の森」へ行ってきた!感動するくらい森!!みらい平のすぐ隣街に、こんなに自然豊かな森が残っていた

f:id:anpanbaikin:20200528061031j:plain
守谷市に「守谷野鳥の森」という自然公園があります。
場所は、驚くほど駅のすぐ近く。
同じ茨城県内(隣街)なので、行ってみました。

 

尾瀬のイメージに近い歩道が
沼の上に敷かれています。

子どもも大人も大満足な、
自然豊かな、森の空間です。

緊急事態宣言が解除された直後で、行くか非常に迷いましたが、
同じ県内の隣街で3蜜回避可能な場所と判断し、行ってきました。


目次

  • 守谷野鳥の森とは
  • 守谷野鳥の森へ行ってきた
 

守谷野鳥の森とは


【所在地】茨城県守谷市本町
【公式HP】https://moriyashikanko.com



守谷城址の森」「野鳥の森」があります。
守谷市環境協会が中心となり、整備・管理しています。

守谷城址の森」は、
守谷城跡で、戦国時代まで相馬氏の住居だったそうですよ。

「野鳥の森」の水辺の散策ルートは、
2019年に整備されたばかりでピカピカです。

守谷駅または南守谷駅から歩いてアクセスも可能。
車の場合は、駐車場が2、3箇所あります。

<野鳥の森近くの駐車場>

f:id:anpanbaikin:20200528064200j:plain


<守谷城址の森近くの駐車場>

f:id:anpanbaikin:20200528065206j:plain

駐車場のナビ検索は、情報が少なく行き先が分かりずらいですが
野鳥の森側は、下記の設定でたどり着くことができました。
 カーナビ:茨城県守谷市本町4624-4

ちなみに。
お手洗いがあるのは 守谷城址の森近くの駐車場。
上記写真に写っている、クリーム色の小屋がそれ。

私が行った時は、電気付かない、虫いる、のあまりいい環境では無かったです。
虫が大の苦手で、自然豊かな所のは叫びたくなるくらい苦手という方は、
事前に近くのコンビニ等に寄るのが良いかもしれない。



守谷野鳥の森へ行ってきた


駐車場に辿り着くまで道に迷いましたが、
無事に野鳥の森近くの駐車場に車を停めることができました。

f:id:anpanbaikin:20200528064614j:plain




野鳥の森側に車を止めましたが、
お城側から行くことにしました。

駐車場から続く、小道を入っていきます。

f:id:anpanbaikin:20200528065824j:plain



「野鳥の森」も同じ森内で、すぐそこにあるので、
既に鳥の声がとても良く聞こえます。

癒しミュージック”森”の生演奏みたいです。
夏鳥ホトトギスの鳴き声がしっかりと聞こえていました。

少しお話しさせていただいた、素敵なご夫婦によると
夏鳥の鳴き声は、5〜6月辺りのほんのひと月しか聞けないそうです。

少し歩くと「守谷城址の森」入り口です。

f:id:anpanbaikin:20200528070111j:plain


ここから先は、子ども事情により行かなかったので
また次の機会に行ってみます。

さらに先に進んで行きます。
沼と野鳥の森の分かれ道があります。

野鳥の森の方へ進んで行くと。。。
ありました!
尾瀬風の水辺の散歩道!

f:id:anpanbaikin:20200528070436j:plain


赤ちゃん連れの方は注意です。
ベビーカーNGなので、抱っこ紐があった方が良さそうです。

f:id:anpanbaikin:20200528070717j:plain


鳥の季節は分かりませんが、
こんなに沢山の種類の鳥の声が聞こえるようです。

f:id:anpanbaikin:20200528070952j:plain


行った時は鳥のさえずりは、もちろん申し分ない程に美しかったのですが、
息子はテントウムシとザリガニに夢中でした(笑)

我が家以外にも、バケツ、虫かご、網、ザリガニ釣るようの棒・・・
と準備万端でザリガニを捕まえるキッズ達が。

テントウムシの幼虫もた〜くさんいて、こんなにまじまじと見たのはいつぶりかな。
子ども達には、非常に良い刺激になりそうです。

f:id:anpanbaikin:20200528071158j:plain

ちょうどお気に入りの絵本が「じかきむしの ぶん」というお話。
 「本物が見られたね♪」
と本と現実が繋がって、息子にとっては感動と発見の時間にもなったのかな(笑)

全長4kmほどあるそうで
大人にとっては、運動不足解消に、大自然の癒しに
子どもにとっても、癒しと、自然の刺激と、楽しみと。

とても素敵な場所でした。

by mira子