半田舎暮らし

半田舎でリーマン、リーママ、子どもの3人暮らし。育児、仕事、家事に奮闘するファミリーによる雑記

おうち駄菓子屋さんを開店してみた!子どもは大喜び!

f:id:ai_have_a_dream:20200301210241j:plain
ネットでたまたま「おうち駄菓子屋」を知りました。
早速、mira家でも真似してみることにしました。
息子は絵を描くこと、ハサミでチョキチョキするのは大好きですが、数字がどうも苦手そう。
楽しく苦手意識を克復してもらえたら嬉しい、勝手な親心です。

 

目次

  • 完成品
  • mira家の駄菓子屋システム
  • 製作過程
  • まとめ
 

完成品

 
完成品はこんな風になりました!

f:id:ai_have_a_dream:20200229164429j:plain


100円均一の物と、家のありもので、述べ1時間未満で作成しました。
雑ではありますが、家内で開店するので楽しめれば問題なしですよ(^.^)



mira家の駄菓子屋システム

 
数を数えられるようになるのが目標。

書いてある10円玉の数と、自分が持っている10円玉の数を数えて、同じ個数出せればOK。
欲しい駄菓子をゲットできます。

一日にもらえる10円玉の数は「7枚」。
使い切っても良いし、貯金しても良い。
まだ「貯金する」という発想にはなりそうもないですが。


製作過程

 
<材料>
100円均一の木枠
カレンダー(10円玉を作るための厚めの紙)
ダンボール(アマゾンのダンボールを利用)
セロハンテープ
油性ペン
ボンド

<製作過程>
⑴木枠をボンドでくっつけます。(手ブレ写真ですみません)

f:id:ai_have_a_dream:20200229103523j:plain


(2)木枠の形に合わせてダンボールを切り、ボンドで貼り付ける。
 底抜けしてしまうので、ダンボールを貼ります。

f:id:ai_have_a_dream:20200229104052j:plain



(3)値札を製作する
 ダンボールを小さめに切り、白い紙を貼り値札にしました。

f:id:ai_have_a_dream:20200229105328j:plain



(4)カレンダーで10円玉を作る
 数を数えることができれば良いので、かなりザックリと作りました。
 袋は百均のものです。

f:id:ai_have_a_dream:20200229164301j:plain



(5)駄菓子を入れて完成!

f:id:ai_have_a_dream:20200229164429j:plain




まとめ


年齢を重ねるごとに、数字の数え方をバージョンアップさせていく予定です。

作りにこだわらなければ、家のありものですぐに作れるのが良いところです。

子どもはとても喜んで楽しそうにしていますが、
出ているお菓子を全部欲しがってしまうことが多々あります。
3歳児にはまだ早かったかなとも思えます。

お菓子ばかり食べすぎになっては元も子もないので
様子を見て、中断したり再開したりしていきたいなと思います。
 
by mira子